banner

2017年4月22日土曜日

ゴールデンウィーク家族写真撮影会

結婚式シーズンの春。

お店を開いてから
いろんなお嫁さんとお話しする機会が増えました。


初めてお話しするときは
少し緊張するけれど刺激的で、楽しいです。


ショップ運営とウェディングプロデュースを
両立して気づくこともたくさん。


場所があるというのは
落ち着いてお仕事ができるので
提案の幅も心なしか
広がったように、感じています。(希望!笑)



もうすぐゴールデンウィークですね。

5月5日と6日の2日間


家族撮影会を
三重県のクローバーフォトグラフさんを
招き、開催致します^^


クローバーフォトグラフさんは
結婚式とをはじめ、熊本地震の遠征にも一緒に行ったりと
公私ともに仲良くさせて頂いている
素敵なフォトグラファーさんです。


http://yamanakayu.com

私も愛読していますが
ブログ、おすすめです。

私と違って簡潔明瞭でくどくないのでぜひ。

https://ameblo.jp/cloverphoto/


今回は代表の山中氏ではなく
熊本の時も家族撮影担当だった
きゃんちゃんが撮影に来てくれます。


きゃんちゃんもアースカラーが抜群に似合う
個性的でとても面白いひとです。


今回の撮影のカメラマンプロフィール

きゃんこ(ニックネーム)女性です。
寡黙にみえて気さく。
とても頼りになる、情深いひと。

_____________________

1家族さま 30分程
50-60カットのデータCD-Rにてお渡し
(後日郵送いたします)

費用 10,000円
_____________________


【第一弾】
5月5日 (祝日金曜日)
西尾市内 八ツ面山にて

10:00 -  16:00ごろ

*こちらはあと1組様のみお受けできます。


【第二弾】
5月6日(土曜日)
名古屋市内 大高緑地予定

9:00 -  11:00 ごろ

*こちらはあと2組様可能です。



すでにお会いした方などで
ご予約を頂いているため残りは数組さまとなりますが


ぜひご都合合いましたら
ご家族でお越しいただけるととても嬉しいです。

お父さんの予定が合わないので
お母さんとお子様のみ、という形でも
大歓迎です。


どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。


お問合せ先
info@lian-mariage.com







結婚式はたくさんの縁をつないでくれます。
京都のJさんファミリー。
いつもありがとうございます!


リアンマリアージュ
Lian Mariage



2017年4月9日日曜日

暮らしの達人

すっかり暖かくなって

ほんのり湿った春の空気が
感じられる毎日ですね。


今日は1冊の本から感じたことを
綴ります。



ここには心が豊かになるヒントが
たくさん詰め込まれていました。


パリの暮らしにこんなにも
興味を持ったのも初めて。


「フランス人は10着しか服を持たない」ジェニファー L スコット


日常のささやかな喜びを感じられるかどうか。


それは同じ日常でも

感じ方で全く変わるということ。




楽しく暮らすための工夫ができるようになることは

暮らしも、心も豊かにするということだと思うのです。



"シックな暮らし" なんていうと

ちょっぴり大人びた、静かな暮らし

のように聞こえますが


実はフランス語の
本来の意味の シック は違っていて


"熟練されている様" を表すよう。



今更ながらこの本来の意味を知ることに
驚愕しています。笑


シックな暮らしとは


"情熱的な暮らしをすること"でした。


五感をふんだんに使う生活を心がけてみる。

それだけでも何か変わりそうですよね。



6月。
お店の買い付けのためパリへ行ってきます。


本からも感じられる
すてきなフランスの文化を、少しでも
肌で感じられるといいなぁ。



お店も1年を経過しましたので
新しい風を入れたいなぁと思っています。


楽しみにしていてくださいね^^




リアンマリアージュ
Lian Mariage

2017年3月20日月曜日

お店のオープンから早1年。

今日は春分の日。

1年前の今日、名古屋でお店をオープンしました。


なんだかしみじみも
できないくらいに信じられないです。


本当にあっという間の1年でした。



ウェディングの世界に入ってから10年が経ち

はじめに思っていたイメージでは
全く想像できないくらいに

このお仕事にのめり込んでいるように思います。


結婚式場でお世話になった5年。
そしてフリーランスという道に転換してから5年。


10年が経ついまも

「ウェディングプランナー」は

衝撃的な嬉しいこと、幸せなこと

そして感じたことのない責任感、つらいことも
経験させてくれた、わたしにとって特別な職業です。



私の中では職業というくくりで押さえきれずに
いまの生活にとても馴染んでいて


こういうことを
ライフワークと呼ぶのかなあ。
なんて思ったりもします。


っていうそんな格好つけるような
ことも言えるひとじゃなかった。


いつからか、どこか
自分をさらけだすことが
出来るようになった気がします。


そうしたらなんだか毎日の景色が
すごく変わりました。


別な何かがなくてもたのしい。
おおげさな話かもしれないんですけど
生きてるってすごいなぁと思います。


まだまだ分からないこと
未知な世界がたくさんあるけれど


いま、こうして楽しくお仕事を
続けさせて頂けることに

こころから感謝しています。



我が道進撃中の私を
何もいわずそっと見守ってくれている
やさしい家族


地元を離れても変わらずありのままの
自分を受け入れてくれる大好きな友達


いつもどこか頼りない私を
支えてくれて励みをくださる

刺激的でもあり安心感でもある
仕事仲間のみなさん


そして私の生活にいつもたくさんの
あかりと彩りを与えてくれる
心やさしい新郎新婦さんたち。


こんなすばらしい方たちが
まわりに居てくださってこころから幸せです。


ありがとうございます。



これから先、どうなるかは分からないけれど


皆さんが私に力を与えてくださったように

なにかの役に立ちたい、と
思っています。微力でも、たくさんでも。


だからどんな状況になっても
これからも精一杯生活できるひとでありたいな。


これからもどうか
お付き合いを宜しくお願い致します。



リアンマリアージュ

富田加穂理

2017年2月27日月曜日

3/1 - 12 ドレス試着会 FOR flowers of romance

 \イベントのお知らせ/

3/1 wed -12 sun  の12日間
FOR flowers of romance さんの
ドレスがお店で実際にご覧いただけます。


とても繊細でやさしいドレス。


華奢なラインが
女性らしくて  本当に魅力的です。



デザイナーの岡野さんのお人柄は
とてもユニークでまっすぐで
人を惹きつけるようなかた。


今回はお店にはみえないのですが


私個人的にとても
一押ししたい特別なドレスです。


期間中 ご予約不要で
ご来店いただけます。


いつもは店頭にて
ご覧いただけないドレスになりますので
ぜひこの機会にいらしてくださいね。



ご結婚式が決まって
いらっしゃる方で
ご試着希望のかたは
"予約優先" とさせていただきますので
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
http://shop.lian-mariage.com



1週目
________________
1日  水曜 15:00 - 20:00
2日  木曜 15:00 - 20:00
3日  金曜 予約のみ受付
4日  土曜13:00 - 20:00


2週目
________________
6日  月曜 15:00 - 20:00
7日  火曜 予約のみ受付
8日  水曜 15:00 - 20:00
9日  木曜  予約のみ受付
10日 金曜 予約のみ受付
11日  土曜 10:00 - 17:00
12日  日曜 10:00 - 19:00


【お店の場所】
〒466-0051
愛知県名古屋市昭和区御器所2丁目6−2 BALUNAビル 2F


駐車場はお近くの
コインパーキングをご利用くださいませ。
30分100円


鶴舞線 荒畑駅  4番出口よりまっすぐ徒歩3分です。



予約状況によりオープン日時が変動する場合も
ありますので了承くださいませ。

その際はお知らせいたします。


ご来店こころより
お待ちしております^^







Lian Mariage

2017年2月8日水曜日

不定期な生活

思えば働きはじめたころから


土日やすみや定休日でお休み。


みたいな定期的な環境になったことがなく

ずっと不定期な生活をしています。




そんなわけか 
一日区切りではなく


時間で動くことが心地よくて

すっかり生活に馴染むようになっていました。


最近は自分のことをすこし
考える時間ができて


いままでの数年。



私はいそがしかったのかな?


とか、よく動いていたなぁ。なんて


すこし甘い言葉を考えてみたり。



そんなかんじで時々

想いにふけたりしています。笑




そうそう、


旅行にいくときって

必然的に時間が大切に思えて 


普段動けないことも

動けたりして 


そんな躍動感をくれる旅行がすきです。



そんな旅先、お仕事きっかけで


出逢うことになったMakiちゃん。



彼女が昨晩から名古屋へ訪ねてきてくれました。

沖縄で9月に会った以来。



考えてみると、会うのは2回目でした。


たのしい時間、ありがとうMakiちゃん。


沖縄に行くたのしみがまた増えてうれしいです。





リアンマリアージュ
Lian Mariage

2017年1月24日火曜日

結婚式 準備期間 2か月

2か月前、11月のFumihroさんMizueさんの結婚式。
時間もないし、あまり式を
するつもりもなかったんですけど・・・

___________________

両親のためにも式を行う運びになりました。
シンプルにできる形でお願いします。

___________________

それがはじめの第一歩でした。
話を伺い、0から組み立てる結婚式。

準備は2か月のみ。

ふたりにとってどんな形がベストなのか。
一緒にゆっくりと考える時間がなかったからこそ
やるべきこともはっきりしてて。


頭で考えるより
気持ちで動く感じ。

急発進で、一気に準備は始まりました。


・・・

そして迎えた当日。
ハレの日のふたりの表情。


ゲストの表情を見ていると
いろんなあったかい気持ちが交差して

そこに居る人すべてに
すーと浸透するような

そんな一日。


結婚式は、まさにハートフルの集大成!!
(言い回しが格好つかないけれど・・笑)


周りの皆さんから愛される
情深いおふたりだからこそ

こんな温かい空間になるんですね。



ふたりらしい結婚式ができたなら

それはきっと今後のふたりの生活の糧になる。


そしてゲストの皆さんも
特別な時間が過ごせるんだと思います。


背伸びしなくても

二人ができそうな範囲で。

自然体で臨める挙式を。



たった一日のことだけれど

やっぱり結婚式ってたいせつ。



そう改めて感じさせていただく機会となりました。

本当にありがとうございました。


[二人の結婚式の一日スケジュール]

挙式;神前結婚式(午前)
1次会;ご親族でお食事会(お昼)
2次会;ご友人中心のウェディングパーティ(夕方)


いつも気さくで楽しい、気張らないお二人。

大好きなおふたりです。

今後の新生活も、フレーフレー♫!

次に会える日を心待ちにしています。


挙式&お食事会

















ここからパーティ


















当日の模様(movie)→https://vimeo.com/200786666
Kahori Tomita





2017年1月17日火曜日

本を読む

先週、今年初めての結婚式を
無事にお開きする事が出来ました!

記念のホワイトウェディングになりました。
またじっくり綴りたいと思います。

写真も楽しみ^^


急に話は変わりますが今朝の本の事を
書き留めておきたく、失礼いたします・・!

−−−


今朝、冷蔵庫の移送のために
早起きして待っている間

本を一冊読み終えました。


元々読書は得意なほうではなかったのですが

20代半ば頃から勧められたりして

少しだけ読むようになりました。


そもそも本を読まなかったのは
私がじっとしてられない性分だからということと

車社会なのではないかと
思い込んでいます。笑


いまは2、3ヶ月で1冊読めるくらいのペースですが
小説やエッセイを読んだりします。


「舟を編む」著者 三浦しをん


前から聞いたことがあったため興味がありました。

友人から借りる機会を得てついに、読み終えました。
(本当にありがとうございます!)

辞書づくりに一心に励む編集部と

不器用だけど古風であたたかい恋愛の話を
入り混ぜた、温かいお話。


軽快な「ことば」の愉しさと
記憶は言葉である、ともいえるくらいの

言葉の威力や大切さを、また感じた一冊でした。


辞書を久しぶりに開きたくもなりました。



先日もちょうど友人のお父さんより
聴いた「ことば」のこと。

態度で示す、とか、日本人ならではの
裏の意味をとるような独特の文化があるけれど

「言葉がすべてなんだ」と先日聞いたとき
なんだかとても浸透しました。


「だから、言葉で必ずつたえなさい」
そう、友人のお父さんは教えてくれました。


いま、私はプランナーという職業に出逢って
言葉、話す力を鍛えられたような気がしています。


まだ語彙力も乏しく、言い回しも
上手にできないことが多々ありますが


それでも昔に比べたら大分とましに
なりました。笑


そして話して伝える、という勇気をもらったのも
色んなひとに出逢い、話をする機会を得ているからです。


思っていることは勝手に思っていても
良いけれど、伝えたいことは言葉に出すこと。


それは時には難しいことも
あるけれど、伝えられる身体があるんだったら

伝えたいことは伝えなきゃ。


改めてそんなことを感じさせてもらえた一冊でした。


読んだことのないかたは
ぜひ「舟を編む」おすすめです。




リアンマリアージュ
Lian Mariage Tomita
 (Kが二人になったので今後はTomita )